雑が喰おう

僕たちの戦争を見た(ドラマ)


僕たちの戦争

僕たちの戦争そ見た。
胸糞悪い気持ちになってくるドラマだった。

今のこの身体で中身は全く違う誰かが入ってくる。
そして、そいつは俺の愛する相手とそのまま愛し合い、子どもを宿し、そのまま生きていく。
そんなことは許せない。俺の愛する者を全て奪い取るということではないか。
なのに、俺はこの身に入ってきた奴の身体に入り、そいつの人生を歩む。
そんな人生最低だ。

今のこの中身で身体は全く違う誰かに入っていく。
そして、そいつの愛する相手と同じように愛し合い、子どもを宿し、そのまま生きていく。
それもまたありなのかな。俺は俺としてその人を愛し、守りながら、一緒の時間を共有していく。
俺の身体は、どうなっただろうか。俺の身体は俺の愛した人を愛しているだろうか。
俺は、新たなこの身体で新たな人生を歩む。

一体どちらが幸せなのか。
個人的には、どちらもまた正しいようで間違っているようにも思う。倫理的にどちらも。
しかし、それ自体が人生とあきらめたくは無い。
俺の愛する人を別の人が愛することは独占欲として認めない。
仮に、戻ったとして、俺の身体で中身は違う子どもを愛することは出来ても、愛していた人を再び愛せるだろうか。
だからといって、前者が自分の思う最低の人生の身体になってしまったからなのであって、そうでなければ、後者のように生きていくのだろう。
前者でも後者でも俺はきっと、そのような人生を歩むだろう。
だから、俺はこのドラマを見て胸糞悪くなった。

俺は今の俺が愛する人を抱きしめ、放したくない。
俺は俺の今の人生を愛していきたいと思った。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事