雑が喰おう

銀杏は食べ過ぎると中毒になる


殻付き銀杏600g

ぎんなんは古くから中国日本で、薬用、食用にされてきた。
強壮、強精の妙薬としてや、夜尿症、せきたん、ぜんそくなどにも効果があるといわれている。
しかし、食べ過ぎると中毒を起こすことがある。


▼中毒が起きる量の目安
子ども7粒以上
成人40粒以上

▼中毒症状
嘔吐、けいれん、めまい、消化不良、呼吸困難、
発熱、顔面蒼白、便秘、下肢の麻痺、瞳孔の縮小または拡大など

▼症状が出るまでの時間
1~12時間

▼回復までの時間
2~90時間(約半数は24時間以内)

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事