雑が喰おう

高岡早紀と岸谷五朗で「愛の流刑地」ドラマ化

高岡早紀と岸谷五朗で「愛ルケ」ドラマ化より


 作家渡辺淳一氏のベストセラー「愛の流刑地」がドラマ化されることが3日、分かった。中年作家と人妻の不倫愛を描いたもので、主演の作家を岸谷五朗(42)、ヒロインの人妻を高岡早紀(34)が演じる。原作は不倫愛と過激な性描写で話題になったが、ドラマでは「女性から見ても美しいベッドシーン」がふんだんに盛り込まれる。日本テレビ系で2夜連続の特別ドラマとして今春放送。




最近は、映画化されたら直ぐにドラマ化されたりしますね。
ドラマを見て満足して映画を見に行く人がすくなくなるような気もするですけどねぇ。
しかしながら、配役に注目です。

ヒロインの人妻役に高岡早紀ですよ。
高岡早紀といえば、不倫や離婚で話題になってましたね。また、そのボディはEカップで、映画やヌード写真集でも披露していています。
これが今度はテレビドラマで拝めるということですね。期待大です。

ところで、話は変わりますが、こういった場合の本物のおっぱいの露出は抗議があってもそれほど大きく取り上げられないのですが、偽者のおっぱいであった紅白のOZMAは叩かれるのでしょうか。やはり不可解です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事