雑が喰おう

金属アレルギーの種類


アレルギーと食・環境

金属アレルギーの種類について。


ニッケル

一番発症例の多い金属は「ニッケル」なんだとか。
他の金属に比べてイオンが溶けだしやすく、に含まれる塩素イオンの作用によって、より溶けだしやすくなる性質を持っている。


18Kの金合金

18Kは、24分の18、つまり75%が「金」。残り25%は、銀、銅、ニッケル、亜鉛など。「金」そのものはアレルギーを起こしにくいが、ニッケルやその他の金属によってアレルギーを起こす可能性がるのだとか。


金メッキ

18Kや24Kで金メッキしたものは、大気中の有害物質と反応し、奥の銀が金メッキ層の中からしみ出して青黒い硫化銀を作りアレルギーの原因になるんだとか。


その他の金属

水銀、コバルト、スズ、パラジウムなど、他にもわずかながら、銅、白金、亜鉛なども原因になります。

また、最近はピアスなどで「金」によるアレルギーを起こす例も増えているのだとか。


アクセサリー以外の原因

化粧品、ヘアダイ、帽子、メガネフレーム、時計&バンド、治療の詰め物や金属、ブラジャーのゴムや金具、デオドラント剤、洗剤、石鹸、ゴム手袋、生理用品、避妊用品、衣類&下着、植物などでアレルギーを起こすこともあるそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事