雑が喰おう

Sleipnir 2.5にヴァージョンアップ

Sleipnir 2.5にヴァージョンアップしました。
ダウンロードは、タブブラウザ Sleipnir 公式ページより。
更新内容については、デザインの変更がいつでも可能に――Sleipnir 2.5にて詳しく書かれてありました。

今回私がとりわけ書きたいことは、ヴァージョンアップしたら、設定しておいたオプションが変更が元に戻るので変更したらメモとって置いたほうが良いかもしれないということです。 過去にも何度もヴァージョンアップ作業を行い、そのたびに設定が元に戻ることがありました。
まぁそれは仕方のないことなのかもしれませんが、元に戻らないものもあったりするので、それはどういうことなのでしょうか。
そんなことは皆目見当もつきませんので、自分が変更していた箇所をメモしておこうと思います。


オプション-ユーザーインタフェース-ウィンドウ-新しいウィンドウをアクティブにするのチェックをはずす
オプション-検索-カスタム検索ボタン-Google日本語)、Wikipedia 百科事典、goo(語辞典)、文章翻訳、2ちゃんねる検索(スレッド)、Amazon、楽天商品検索の順に追加
オプション-ビュ--Trident-タグのtarget指定に従うのチェックを外す
オプション-Dock-タブ-すべてのタブに閉じるボタンを表示するのチェックはずす
オプション-Dock-タブ-タブ幅-80にする(高さは26)
オプション-Dock-タブ-タブス
タイル-スクロール(1行)にする
オプション-Dock-タブ-タブの追加と削除-新しいタブの追加位置-常に最後にする
オプション-Dock-タブ-タブの追加と削除-タブを閉じた後に表示するタブ-アクティブなタブの左
オプション-Dock-ページ検索バー-検索バーと連動するをチェックする
オプション-Dock-ページ検索バー-ドッキング位置上にする



また、今回のヴァージョンアップにおいて、スクリプトのショートカットができなくなってしまいました。
今までは、よく使用するスクリプトを「Alt + R + 1」として、使用するために、スクリプト名の頭に「1」と入れていたのですが、それが使用できなくなってしまいました。
数字だといけないのかと思い、文字を変えてみたがやはりだめでした。
ちと探してみると、本家に、UserAction Extensionというプラグインがありました。
はじめからこれを使用してればよかったのになぁ…。

早速インストール
ただ、プラグインの保存場所が、今まで使用していた
[Sleipnir インストールフォルダ]\scriptsから、
[Sleipnir インストールフォルダ]\plugins\scriptsに移動さして、
Sleipnir を再起動させなければならないので注意が必要。(これは本家にちゃんと明記されています。)

再起動すると、オプションのユーザーインタフェースのキーボードやマウスジェスチャ、マウス割り当てなどにスクリプトが追加されるので、それで好きなものを割り当てることが出来るようになります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事