雑が喰おう

一分後の未来よもうすぐ俺が行くで道あけとけ 読了。


一分後の未来よもうすぐ俺が行くで道あけとけ読了

本書は、ファン待望の三代目魚武濱田成夫の詩集の新刊である。
しかし、いくら事前知識があったといえども、内容がベスト版的要素が強いのが残念なところ。
といっても、「肉眼ではな。」の内容は新しくなっていたりして、CDでいうところの、ただのベストではなく、セルフカバアルバム
つまり、再録したベストアルバムという感じだ。
また、少し大きめのしおりもカッコイイので是非手にとって確かめて欲しい。
さらに、表をのけると本の表紙は、2003年1月8日に福岡に現れた「1俺」イルミネーションをみることができる。
三代目武濱田成夫ファンにとっては新たな一冊として、まだ魚武を知らない人にはこれから魚武の世界を知る上での一冊として価値のある詩集である。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事