雑が喰おう

Thunderbird導入

Thunderbird アイコン

Outlook ExpressからThunderbirdに変更しようかと思いたち昨日インストールした。

Outlook Expressでも特にこれといった不都合はなかったのでずっとしようしていたのだが、Thunderbirdの機能拡張に時間指定送信というのがあり、これを使いたいがために導入することにした。
移行作業は特に問題なく、既に受信しているメールもインストール過程で取り込んでくれるので簡単だった。ただ、メールフィルタに関しては再度設定しないといけないもよう。
時間指定メールを使いたいがために導入したのだが、これといって時間指定するメールがないことに気づいたw
タスクトレイに収めれる機能拡張が便利。
ほかにもいろいろと拡張機能を導入しているので、今後再インストールするときのために個人的メモとして記しておく。

SendTools
この拡張機能を使いたいがためにThunderbirdを導入したようなもの。メッセージを日時指定して送信する拡張機能。
・pending フォルダとその配下にサブフォルダ scheduled と later が自動的に作成される。
・メール作成画面で 送信日時にチェックを入れて、年月日時間ををクリックで変更して指定。
・送信するとscheduledフォルダに格納されて指定した日時に自動送信。
・メールの保存先が日本語名を含むフォルダやパスの場合は動作しない模様。
 
SendToolsはThunderbird2に対応しなかったが、Send LaterというアドオンがThunderbird2に対応しているので、そちらに移行した。


QuoteCollapse
引用部分が折り畳まれて表示される拡張機能。
よく前文引用してくる人がいるので。企業なんかとメールのやりとりをすると全文引用してくるのでありがたい。あれは、今までの流れの確認のために全文引用してくるのかね?


Minimize To Tray
Thunderbird を最小化した時に、タスクトレイに格納してくれる拡張機能。
メーラーは起動しっぱなしなので便利。Outlook Expressにこの機能があれば移行しなかったかもしれないw。


ConfigDate
受信メールの日時が、時間しか表示されなくて、不便ならばこれは必須。
今日のメッセージ、今週のメッセージ、その他のメッセージの日付形式を設定できる。
自分の現在の設定は、全て「短い日付」に設定させている。


Contacts Sidebar
サイドバーにアドレス帳を表示。


Quicktext
窓の杜の説明が詳しい。
これを入れとけば、テンプレとか署名を簡単に挿入できる。


keyconfig
Outlook Expressで使い慣れたショートカットが使いたいし、Thunderbird元来のショートカットでは使いにくい箇所を修正するために。
個人的に修正しているのは、既読をCtrl + Qで削除をCtrl + Dで行えるようにしている。


Signature Editor
あまり、署名は使わないし、Quicktextを入れておけばあまり必要ないかもしれないが、署名のつけ忘れ防止のためにも一応入れている。


Allow Empty Subject :: Firefox Add-ons
よく件名なしで携帯にメモを送信することがあるのだが、その時に毎回、(件名なし)というサブジェクトがついてしまうのがとてもウザったかった。
このアドオンを入れると件名が空白の場合はそのまま件名は空白のまま送信することが可能になる。
ただし、件名が必要なメールを送信する時に件名を挿入し忘れて送信してしまうことになりかねないので注意している。
現在は以上の拡張機能で活動している。
これだけあれば、今までのOutlook Expressでやってきたこと+αの機能があるはず。
今後も何か拡張機能を追加すれば、追記していく予定。


なお、メーラー移行に伴い、メールのバックアップ元のフォルダも変更になっているので、メモ。
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\xxxxxxxx.default
以下にプロファイルがあるのでそれをバックアップ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事