雑が喰おう

14歳 読了。


14歳読了

千原兄弟の千原ジュニア氏が書かれた本書は、引き篭もりというダークな部分を扱っているので、万人向けという内容ではないかもしれない。
しかし、理屈抜きに読み始めると一気に読みふけってしまうだろう。
私自身、読み始めると、最後まで間を空けずに読み終わってしまった。好みは別れるかもしれないが、ポッと出のモノ書きが書いた小説よりも読みやすく、内容もある。
自身の経験から書かれたものだと思うが、最後は自分のチカラで自分のリングを見つけたのではないし、そのリングへたどり着くまでにも変化をもたらしたのは自分ではなくほかの人だったということも何か、うまく言葉にはできないが、何か意味があったのかもしれない。

本書は最近買った本の中では久しぶりに売らずに手元に置いておきたいと思わせる本である。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事