雑が喰おう

ドライバーがただ座るだけで眠りの兆しを検知できるシートが開発された


居眠り運転「予兆」を脈で判断、防止シートを開発より

ドライバーがただ座るだけで眠りの兆しを検知できるシートを東京大、大分大などの研究チームが開発したそうです。
 開発したシートは、背中の位置に埋め込まれた二つの圧力センサーでドライバーの脈の波形をとらえる仕組み。大きな振幅が出た時に、自動的に警報を発するシステムを作れば、居眠り運転防止につながる。研究チームは5年以内の実用化を目指している。

五年後には最近よく聞く、事故による者を伝える嫌なニュースが少なくなるかもしれませんね。
多いに注目したい研究です。
研究チームの金子成彦・東大教授(振動工学)は
「ドライバーがただ座るだけで眠りの兆しを検知できる。特殊な機器を使わなくて済むシステムだ」

と話しているそうで、これからは、特殊な機器を使わないような別のものも開発されてくるかもしれませんね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事