雑が喰おう

二枚目の語源

色男のことを二枚目というが、この二枚目の語源をご存知だろうか。
語源は江戸時代の上方歌舞伎の芝居小屋の前に掲げられた八枚看板。
俳優の絵姿を描いたものだが、一枚目に一座の一番の人気役者、二枚目に若い色男の役を勤める役者、と決まっていた。
そこから色男を「二枚目」というようになった。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事