雑が喰おう

女房とはもともと身分の高い女性をさす言葉

本来は身分の高い女性をいった。古くは女官の部屋の意で、平安時代、貴族が自分の娘を後宮に入れるようになると、知識もあり身分も高い女官は后や妃の教育の任につき、個室が与えられた。
その部屋が「女房」で、やがてそこに住む女官の敬称としても用いられるようになった。
中世に入ると、一般に女性を言うようになり、安土桃時代あたりから自分の妻をさす言葉として用いられるようになった。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , ,