雑が喰おう

日本にパーマが入ってきたのは大正12年

日本パーマが伝わったのは意外に古く、大正12年の時。
神戸美容師さんがアメリカから機械を取り寄せたのが最初。
しかし、一回30円というその値段は当時としては、目が飛び出るほど高く、結局昭和になるまでパーマは普及しなかったという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事