雑が喰おう

日本人で初めて眼鏡をかけたのは徳川家康

日本人で初めて眼鏡をかけたのは徳川家康
徳川家康が眼鏡をかけていたというと意外に思う。
家康が使用していた「ベッコウぶちの鼻眼鏡」は日光東照宮に保存されている。
因みに、日本に眼鏡を持ち込んだのは、フランシスコ・ザビエルと言われている。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事