雑が喰おう

公衆便所を普及させたのは徳川家重

徳川9代将軍家重は『小便公方』と言われるほどトイレが近かった。
そのため、参拝するときなどは大変だった。
そのため、道のあちらこちらにトイレが作られたのが始まりと言われている。
しかし、将軍用のトイレならば、一般人は使用できなかったんじゃないかなぁ。どうなんだろう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事