雑が喰おう

竹の子が竹に変わる目安

竹の子どもであるの子。
毎年の様に幾つも長く伸びるのであまり知られていないが、芽を出すまでに二年ほどかかっている。
そんな竹の子が竹に変わるのは、4月頃に芽が出てから約1ヶ月頃の皮が剥け枝が出た頃の約30cmに成長した時。
30cmというと青果店でも売られている時があるが、皮が剥けていなければ美味しく食べられるようだ。
やはり、皮が剥けたころが目安となっているみたい。つまり、食べられる内が竹の子。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事