雑が喰おう

トンネルの照明はなぜオレンジ色なのか


単線用トンネルポータル(非電化用)2個入(グリーンマックス)

トンネルで使われている照明は低圧ナトリウムランプといい、ランプ自は普通のガラスだが中に入っているナトリウムが入っており、それに電気を流すと電気で熱せられたナトリウムの光(オレンジ色)が見えるという。つまり、もともとオレンジ色になるように作られた照明なのだ。
なぜわざわざオレンジ色にしているのか?

これにも訳があり、光の性質上、オレンジなどの赤に近い色はチリなどの舞う汚れた空気中でも遠くまで届く性質があり、排気ガスが充満しているトンネルの中の照明にはオレンジ色にするようにきまり、オレンジ色を発する低圧ナトリウムランプが使われるようになったのだという。
さらに、普通の白熱電球と比べても寿命も長く、電気代もかなり安くなるという利便性も採用される要因になったんだとか。
しかしながら、オレンジ色だと、その周りの色の識別が難しくなるので最近ではトンネル内でも蛍光灯が使われるようになってきているんだとか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事