雑が喰おう

おでんと関東煮の違い

おでんは、江戸時代濃口醤油発明され、江戸で醤油味の濃い出汁で煮た「おでん」が作られるようになり、それが関西に伝わったさいに、関東炊き、「関東煮」と呼ばれるようになったそうです。

その後、なぜかは解りませんが、関東の方ではおでんは廃れていき、関東大震災後、関西からの救援者たちが関東煮を振る舞ったことでおでんが再び復活したそうです。
そのために、本来、濃口醤油で濃いめに作られていたのにその後のおでんの味付けは関西風の薄味になったとも言われている。
ということで、めんつゆの濃淡が関東と関西で違うように、一度は消えてしまった濃色の出汁のおでんのことを関東煮といい、薄い色の出汁のものをおでんと称するようになったようです。

また、発祥地は知らないですが、コンニャクのみを具とするこんにゃくおでんというものもあり、味噌おでんとも呼ばれます。
これは、おでん自体が、田楽材料を焼く替りに煮た、煮込み田楽に由来する料理であるからなのか、こんにゃくの味噌田楽のように味噌をつけて食べます。
しかし、つけるのは田楽味噌ではなく、甘い味噌だれが多いようです。
さらに、地域によってもおでんは様々で、出汁の濃い薄いの他、からしをつけて食べたり、味噌だれをつけて食べるのが主流のところもあります。

因みに、薄味出汁の京風おでんは、京都のおでんに独自性があるわけでもなく、何を持って京風とするかという定義も曖昧であることから、京風うどんのように、ただ単にネーミングを変え、京都料理イメージで売り出した商品戦略というのが通説のようです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事