雑が喰おう

喪服が黒い理由

現在では黒を着用することが一般的な喪服ですが、歴史を見てみると白と黒が交互で主流と入れ替わっているようです。
日本書紀によると、その頃の喪服は白で、それが平安時代になると718年に発令された養老喪葬令で「天皇は直系二親等以上の喪の際には、墨染めの色を着用すること」と定められたのがきっかけで、黒の喪服が少しずつ広まり、平安後期には一般的に黒が着られるようになったそうです。
その後、室町時代になるとまた、白が復活しています。
その理由は解らないそうですが、研究者によると、黒の喪服を着用していたのは上流階級の人だけだったのではないかとも言われています。
それが時代と共に白の喪服から貴族文化との融合や影響で黒の喪服が定着したのかなぁと思いきや黒で統一されるようになったのはもっと後で、実はごく最近のことなんだとか。
まず、明治30年の皇室葬儀の際に、政府は列強諸国の国賓の目を気にして黒に統一されたのがきっかけで、後に皇室の喪服は黒と正式に規定されるようになり、一般の人たちに広まったのはまたその後事。
第二次世界大戦中から戦死者を送る葬儀が多くなって需要が増え、貸衣装店は汚れやすい白ではなく汚れが目立たない黒を揃えるようになり、手入れのしやすさや、欧米諸国の影響もあり、戦後は急速に黒い喪服が広まっていったそうです。
今だと結婚式は白(新郎新婦だけど)というイメージなので余計に白になるには法律等で明言しないかぎりは黒のまま行きそうですね。いやもう変わるのは難しいだろうなぁ。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事