雑が喰おう

酒は百薬の長という宣伝文句が出来た背景

酒は百薬の長」とは酒屋の宣伝文句というのは以前に紹介しました。
その「は百薬の長」という言葉の生みの親は約2000年前に前漢と後漢の間にあった「新」という国の帝。

酒とを国営の独占事業とするための宣伝文句として考えたそうです。今で言うところのキャッチコピーですね。
その言葉通り、適量の飲酒は平均寿命発がん率など、健康に良い影響があるという調査結果も出ています。
また聖書にも「ぶどう酒は人生を楽しませる」という記述があり、お酒の摂取によるメリットが強いように感じます。
しかし、何事においても適量が一番なわけで、健康でいたいならば、肝臓をあまりいじめないほうがいいでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事