雑が喰おう

一回の呼吸で吸収できる酸素量は吸う量と等しくはない


LLL携帯酸素12Lロゴス fm011

人間が一回の呼吸で吸う空気の量は約500ミリリットル。その中に含まれる酸素量は100ミリリットル。
さらに、そこから身体に取り込む酸素量は約20ミリリットルでしかない。
だからといって少しの酸素量で人が生きれるかというとそうでもないのだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , , ,