雑が喰おう

バナナの保存方法

バナナは基本的に常温保存ですが、冷蔵庫に入れる方もいると思います。
しかし、冷蔵庫に入れると、冷温障害を起こして、よけいに黒くなるのが早まります。
バナナの保存方法としては、市販されているバナナスタンドバナナホルダーを利用してつるしておくと持ち(黒くなりにくい)がいいそうです。
ない場合は、S字フックで代用することもできます。

基本的なバナナの保存方法としては、
・冷蔵庫に入れない。(冷温障害が起こって黒くなりやすい)
・バナナの房を上になるようにして置いておく。(山形になるように。谷型だと自分の重みで傷みやすい)
・房ではなく小分けにして保存。(房のままだと熟成しようという成分が早く広まる)
・ちょっと長めに置いておきたいなら、まだ青いバナナを買っておく(あたりまえかw)

でも、「やっぱり冷蔵庫に入れて冷やしたバナナが大好きなんだ!」という人もいるでしょう。
ヨーグルトに入れる時はやっぱり冷えていた方がヨーグルトがぬるくならずにいいですしね。
そんな時は、割れ物などを梱包するシートを利用するといいそうです。
梱包というと、エアーパッキンを想像しがちですが、それではなく、白いシート。食器棚食器の下に敷いているような感じのシート(説明が下手で上手く伝わるか解りませんが)がいいそうです。
そのシートで、バナナを二重くらいに包んでから冷蔵庫で保存した場合、二週間近く買ったままの状態で置いておけるそうです。
他の物でも代用できるかもしれませんが、まだ試したことないのでなんとも……。

因みに、バナナは黒くなる手前、黒いホクロのようなそばかすのような斑点が出ているときが一番美味しく、食べ頃の目安です。
少し柔らかくなっているので嫌な人もいるみたいですが、冷蔵庫に入れると、追熟される前に黒くなってしまいます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事