雑が喰おう

トイレ掃除は奥が深い

トイレ掃除と一言で言っても、トイレ掃除は、便座便器内・小物類・排水口など凹凸がたくさんあり、なかなか大変です。
ほかの場所よりも汚いし、めんどくさいし、なかなか掃除しようと腰が上がらないこともしばしばな人も多い所でもあります。
しかし、トイレの便器の汚れはほっておくと黒ずんできてなかなか落ちなくなってしまいますよね。

そもそも、便器の汚れは、水アカ尿石カビが主な原因です。(カビは便器には関係ないけど。)
段階的に、黄ばんできて、黒くなるといったところでしょうか。
その為、普段からこまめに掃除しないとやっかいなことになってしまいます。

予防のための普段から行える簡単な掃除としては、水を流す時に、ついでにブラシでこする。
使用する前や使用後に便座をトイレクイックルトイレットペーパーで拭く。(毎回トイレクイックルを使用するとすぐに無くなってしまうので、トイレットペーパーの方がお勧め)

男性の方は、お小水は座ってして、飛び散りさせない!(見えないだけで、飛び散ってます!それが原因で雑菌繁殖し、臭くなります)
これらだけでも、普通よりは汚れにくくないます。

次に通常の掃除ですが、まずはトイレ用洗剤をかけて、2~3分時間をおいてから、ブラシでこする。細かいところは歯ブラシが便利です。
洗剤ではなく、重曹を入れて、お酢をいれてブクブクという化学反応が無くなってからこするのも楽しいです。重曹やお酢のおかげで簡単に落ちます。
便座などをトイレクイックルで拭く(トイレクイックルは拭いていると紙くずが出るよね。それ以外は丈夫だし好き)。とまぁ説明するまでもない掃除方法でOK
でも、黒ずみが出来てしまった時は、1500番くらいの耐水ペーパーで削り取るのが手っ取り早いです。その時水を抜いておくといいかも。

削るのは……。という場合は、トイレ用水アカクリーナーを使うと早い段階ならば簡単に落ちます。
年期が入った黒ずみは、借家の場合は、前の利用者を恨みたくなったりしますよね!

少し長くなってしまったけれど、他にもトイレ掃除は方法があったり、便器以外の掃除もあるし、奥が深いです。
その為、お店や遊びに行った家のトイレがキレイだと安心しますよね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事