雑が喰おう

窓のサッシにできたカビ掃除

室内と室外の温度差の影響をもろに受ける周辺は、結露などによってカビが出来やすいですよね。
特に冬の結露が出来やすい時期と、梅雨の時期にはカビも発生しやすいです。。
また、加湿器を使っていると、その影響でカビが出来やすいこともあります。
窓のサッシホコリも溜まりやすいため、ホコリと水分が混ざり合ってカビが育ちやすい環境なのです。
もし、サッシが黒ずんでいたら、まず間違いなくそれはカビです。

一番良い、掃除方法は、窓を外し、窓とサッシを一気に掃除すると残ったカビによる再発生を防ぐことはできますが、窓を外すのはめんどくさいです。
特にマンションに住んでいる方や二階の窓を外す時に落としてしまう可能性も考えると、窓を外すのを躊躇しますよね。

で、肝心の掃除方法ですが、まずサッシの中に溜まったゴミもカビもかき出し、エタノールやカビ用洗剤をスプレーしてカビを殺し、また掃き出します。
毛足の長い小型ほうきや古歯ブラシ松居棒なんかでやるとやりやすいです。

頑固な汚れは松居棒や割り箸ティッシュや布を巻き付けて、クリームクレンザー重曹水をつけてこするといいです。
キレイにホコリやカビがとれたら、水拭きし、よく乾燥させます。
最後にエタノールをスプレーしておくとカビ予防に効果的です。
(無水エタノールの場合は、エタノール6:水4の割合で薄めます。消毒用エタノールの場合は、エタノール8:水2の割合で薄めてください。)

ただし、水分を与えない、ホコリを溜めないことが、カビ予防の原則ですので、結露の出来やすい冬場や梅雨の時期は水分を拭き取り乾燥させることが第一です。
また、カビの胞子は部屋中を飛び回っているので、できるだけ換気をしたり、掃除をし胞子をとどめないことも重要です。
特に、カーテンにはカビの胞子がつきやすいですので、出来れば一ヶ月に一回は洗うことをお勧めします。

カビ掃除でやってはいけないのは、水拭きだけ、から拭きだけ、だけで掃除というもの。
水拭きだけだけだと、カビにエサを与えるような物、から拭きだけだと、カビの胞子を飛ばしてしまうだけ。
酢だけだと、殺菌作用で一旦はカビを殺しますが、原料穀物がカビの栄養源になり、結果としてどれもカビが繁殖してしまうのです。
カビ掃除の時には、カビを殺し、汚れを落とすことが重要なのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事