雑が喰おう

残留農薬の除去方法

中国産のものから基準値を超える残留農薬が検出されたり、今とても話題です。
そこで、気になるのは家で出来る残留農薬の除去方法だと思います。
基本的に、日本産の場合、農薬の種類、農薬を使用する期間、使用する回数は作物ごとに決められているし、特に影響の出やすい葉物野菜では厳しいようです。
それを信用した場合、食卓ではさほど気にするようなことはないようです。
基本として、で良く洗うという方法で十分のようです。
そして、を剥いて使用する。これらだけで浸透するような物以外はほぼ除去できるようです。

もっと何かして対策したいという場合は、重曹水につけておくのもいいようです。
重曹とは、炭酸水素ナトリウムですので、水溶液アルカリ性になりますので、有機リン系の殺虫剤が分解されるはずです。
そして、使用する前は良く洗うこと。

さらに、対策したい場合は、ホッキ貝殻を使用した野菜専用洗剤を溶かした水につけておくといいでしょう。
個人的にはこれは他の方法とそんなに差があるようには思えないけど、心配ならやってもいいと思います。

根本的な対策としては、良く洗って皮を剥いて使用するということです。
しかし、皮を使った料理もありますし、皮を剥けない野菜や果物も多くあります。

そういった食材の場合には上記のような方法でほぼ大丈夫でしょう。
むしろ、それら以外で残った農薬や化学薬品家庭で除去するなんてコストがかかってもやりたい!という場合以外に無いと思います。
大事なのは、食材選びにつきるのかも知れません。産地、無農薬野菜、有機野菜、有機JAS認定などを選ぶのがもっとも良い方法なのかもしれません。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事