雑が喰おう

あなたの知っているビニール袋はビニール袋じゃない

マイバックが広まっていますが、スパーなどで買い物をするると商品を入れてくれるビニール袋
実はあれは、ビニール袋ではないことをご存じでしょうか。
確かに一昔前までは確かにビニール袋だったのは間違いではありません。

というのも、以前と現在では素材が違うのです。
ビニール袋が広まった当時は、塩化ビニール樹脂製だったので、塩化ビニール袋という名前がつけられビニール袋という呼び名で広まりました。
今は薄くて丈夫でありコストも安いポリエチレンポリプロピレン製のものが主流です。
しかし、未だにビニール袋と呼ばれています。

気づかない間にポリエチレンやポリプロピレンの物が広まったのもあり、未だにビニール袋と呼ばれていたりします。
本来ならばポリ袋というのが本当なんでしょうけど、あまりアレをポリ袋と呼ぶのを聞いた事がありませんね。
レジ袋と呼ばれることの方が今は多いのかな。

因みに、今でも塩化ビニール樹脂製の塩化ビニールは、壁紙テーブルクロスなどで使用されていることが多いようです。汚れに強いのでしょうか。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事