雑が喰おう

ワンセグ放送でNHKを見ても基本的に受信料は払わなくてもいい

地上デジタル放送や携帯のワンセグ受信によってワンセグ放送が一気に広まりました。
これからさらなる軽量化などで携帯電話テレビを見るというのがもっと当たり前になるかもしれません。
そこで気になるのが、NHK受信料
NHKの番組を見なくても、NHK放送を受信できる設備を設置した場合に自動的に発生するのが受信契約です。
つまり、今まではNHK放送を受信できる設備といえば、テレビやラジオだったのですが、今ではワンセグ機能がついている携帯電話やカーナビ、テレビ受信できるパソコンも含まれるのです。
しかし、携帯電話を契約した時にも、NHKの受信料についてのことは何も聞いた事がありませんし、他の商品を買った時にも誰もNHKの受信料のことは説明してくれません。
これはいったいどうなっているのでしょうか。

というのも、NHKの受信料契約は、NHKの放送を受信できる設備に対してそれぞれ契約が発生するのではなく、一家庭に一件の契約しか発生しないので、既に受信料を払っているならば、幾つ受信設備を設置してもそれ以上の受信料は発生しないのです。
今までは、テレビを設置していたことで受信契約が自動的に発生していたのですが、何にでもテレビ受信機能がついてきた昨今では携帯やパソコンを購入したときに自動的に受信契約が発生し、テレビがないからと受信料を払わないという言い逃れはできなくなってきています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事