雑が喰おう

お酒を飲んだ時の記憶は消えても、嫌な記憶は強く固定される

アメリカ専門誌報告された実験結果によると、マウスを使った実験では、嫌な体験を思い出した直後にアルコール摂取すると、嫌な記憶を忘れにくくなるそうです。

お酒の席での出来事を翌日忘れてしまうこともあるように、何か体験中にアルコールを摂取すると記憶に残りにくいことはよく知られています。
しかし、マウスと同様に人間の場合でも嫌な体験を思い出した時に嫌な記憶が強く残るのなら、やけ酒を飲むのは、お酒の力を借りて嫌なことを忘れることは出来ずに、より強く残ってしまうことになりかえって逆効果になりそうです。
どうせなら、やっぱり楽しいお酒を飲みたいものです。

Photo by jetalone

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事