雑が喰おう

最終走者はなぜアンカーと言うのか

アンカーと言えば、リレーの最終走者ですが、実はそのアンカーという言葉は違う競技から来ているのです。
それは綱引き

綱引きでは、最後尾の選手がふんばり、勝負を決めるといっても過言ではありません。
そこで、最後尾に一番体重の重い選手を配し、綱を地面につなぎとめる重しという意味でアンカー(碇)と呼んだ。
これをリレー競技などにも借用するようになったのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事