雑が喰おう

自動販売機のコイン投入口に縦型・横型がある理由

実際に利用する時にはあまり気にしないですけど、自動販売機コイン投入口には縦型と横型がありますよね。

例えばジュースなどの自動販売機はみんな横型、に置かれた券売機は縦型といった具合に。
これにはちゃんと理由があるのです。

自動販売機のコイン投入口の縦型と横型、この差は、自動販売機の中に入っているものを優先してコインの貯まりのスペースを小さくする事に主眼を置いたか、コインを投入してから中の品物が出てくるまでのスピードを優先したかの内部の機械の違いによるものなのだそうです。

券売機の場合は、何人もの並んで行列をつくるので、硬貨識別装置までコインが落ちるまでの時間を出来るだけ短くするため、転がりやすい縦型にしているのです。
一方、ジュースは、自販機の前で行列が並ぶ事はあまりなく、コインをためるボックスを機械前面にぴったりと取り付けられるので、内部に空間が出来て、商品はたくさん収納できるようになっているのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事