雑が喰おう

鶏はなぜ毎日卵を産めるのか


放し飼い地鶏 有精卵「たべてご卵」 <10個>

毎日のようにを産み、私たちに提供してくれますが、どうして毎日卵を産めるのか。
それは、鶏のメスはヒヨコの時から1万個以上の卵の元である卵胞を持っており、約24時間かけて卵を作ることができるからなのだという。
もともと鶏は毎日卵を産んでいるわけではなかったのだが、今から約5000年前に鶏の卵の旨さを知った人間が鶏の卵を横取りしているうちに、鶏が子孫を残すために毎日のように卵を産むようになったのだという。
因みに自然界で毎日卵を産むのは鶏とウズラ、アヒルだけだという。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , , , ,