雑が喰おう

歯医者が治療を数回に分ける理由

歯医者さんに行ってもちょっとした虫歯でも数回に分けて通院しなければなりません。
そのくせ、待ち時間は長いのに、治療時間はあっという間だったりして、釈然としないことがります。
しかし、歯医者さんが治療を数回に分けるのにはちゃんと理由があるのです。

・来院患者が多く、一人に時間をかけられない。
・複雑な治療は時間がかかる。
麻酔の範囲を広げない為
・長時間口を開け続けるのは、患者にとって苦痛。

しかし、治療の比較的簡単な治療でも数回に分けて通院しなければならないことがあるのはなぜなのでしょうか。

その理由の第一は、炎症
虫歯の治療と言えば、根の治療が多いのですが、人によっては、その根が炎症を起こしたり、化膿していたりする場合がああります。
こうなると、虫歯の治療というより炎症、化膿を抑える治療になってくるのだそうです。
また、噛み合せの問題もあり、噛み合わせが悪いと、内臓疾患腹痛肩こりを招く、顎関節症という病気になることもあります。
噛み合わせの狂いは、歯の治療で生じる事が多いそうで、例えば、歯並びに合わない大きな冠を被されると、それに押されて、真っ直ぐ並んでいた歯が乱杭歯になったり、出っ歯になったりすることもあるのだとか。
一度に上も下も右も左も、と削ってしまうと、すぐに噛み合わせが狂い、顎関節症になるため、数回に分けて治療しているのだそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事