雑が喰おう

相づちの由来

漢字で相槌と書き、建築用の大きな木槌のこと。
鍛冶では、師と弟子が向かい合って交互に焼いたを槌で打つことを相づち、または相づちを打つといった。
そこから転じて、一般に相手の話の調子に合わせて、同意を表す言葉をはさむ事を言うようになったそう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事