雑が喰おう

キヤノンの社名の由来は観音様

日本のみならず世界でも有名なキヤノン社名由来はなんでも観音様からきているそうです。

1933年に精機光学研究所が設立され、創立者の吉田五郎が、観音菩薩を熱心に信仰していたことから、同年発売予定の精密小型カメラ「KWANON(カンノン)」と名づけました。
その為、当時のロゴには千手観音が描かれ、KWANONの文字デザインされていました。

その後、世界で通用するブランド名として、英語典、規範、標準という意味の『Canon』という言葉商標登録し、社名を変更したそうです。
カンノンとキヤノンの発音が似ていたため特に混乱もなくすぐに浸透していったそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事