雑が喰おう

ハムやソーセージがピンク色なのは異常

ハムソーセージといえば、ピンク色です。
しかし、常識で考えると、肉はすぐに黒く変色するものです。
これは一体どういうことなのでしょうか。

実は、ハムやソーセージが何日たってもピンク色なのは、亜硝酸塩によるもの。
もちろん、通常、自然的にお肉に亜硝酸塩が含まれる事はありません。
加工の過程で意図的に注入するのです。

そんな亜硝酸塩ですが、もともと亜硝酸塩はアレルゲンの一種であり発がん性物質でもあります。
喘息などの原因としても有名です。

その為、亜硝酸塩を含む加工食品を摂取する場合は、ビタミンCビタミンEを一緒に摂取して、亜硝酸塩の発がん性を抑制させる必要があります。
因みに、亜硝酸塩は現代社会において、摂取せずに暮らす事は難しいくらいいろんなモノに入っています。成分表などを見てみると結構書いてあります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事