雑が喰おう

天気予報で聞く一時雨と時々雨の違い

天気予報を見ていると、「一時雨」とか「時々雨」などという表現がありますが、この二つの違いをご存じでしょうか。

一時とは、予報時間の1/4未満雨が降るという予報のこと。
時々雨とは、断続して起こった合計時間が予報時間帯の1/2未満、あるいは連続して1/4以上1/2未満雨が降るという予報です。

つまり、予報時間内の1/4時間ならば一時雨、断続的や連続して1/4時間以上且つ1/2時間未満なら時々雨ですので、時々雨という予報の時の方が雨の確率が高いということになります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事