雑が喰おう

WordPressで予約投稿の失敗が続く時にチェックする3つのリスト

個人的にはヴァージョンを問わず、WordPress予約投稿失敗が続き、一度も成功したことがありませんでした。
いや、正確には、サーバーを新しくしてからは、一度も成功したことがなかったというほうが正しい表現です。

その時から、Googleなどで検索していろいろ解決方法を探ってはみたのですが、どれも解決策としてはあてはまりませんでした。
それからしばらくの間、放置していて、最近また解決の糸口を探し始めたのですが、以前より幾つかの解決策が増えていました。
しかし、今回も、どの解決策でも問題は改善されなかったのですが、一つだけがっちり解決したので、メモするとともに、どうやら、人によって解決策もまちまちのようですのでまとめてみる事にしました。

cron.phpのヴァージョンを元に戻す

ソースは、brokentoaster/wordpress ≫ 予約投稿の失敗 解決
これは、WordPress2.7にVer.upしてから予約投稿の失敗が出るようになったそうですので、Ver.upしてから予約投稿の失敗が出るようになった場合に試してみたい方法。

方法としては、cron.phpのヴァージョンを以前のもので上書きするというだけの至ってシンプルな方法。
注意したいのは、WordPressのrootディレクトリにある、wp-cron.phpではなく、cron.phpを上書きするということ。
ファイル名が似ていますし、探す時にすぐに目につくでしょうから注意が必要かもしれません。
肝心のcron.phpがあるのは、

インストールディレクトリ\wp-includes\cron.php
です。

hostsを書き換える

ソースは、WordPressの予約投稿が失敗する件の解決方法 | WordPress | 文系SE修行ログ
この方法は、恐らく、自宅サーバーなど、自分で設置したサーバーの場合に確認しておきたい方法です。
たぶんWindowsサーバー。Linuxサーバーもあったっけ。

ソース元に詳しく書かれているので、特に筆記することもないかもしれませんが、簡単に説明すると、hostsを書き換えるというもの。
なんか説明になってない気もするけれど、まぁそういうこと。

動作テストなどで、クライアントマシンからサーバーマシンをチェックする時に、書き換えたことがあることもあるかと思いますが、そんなに頻繁に触るファイルでもないので、どこだったっけ?ということなるかもしれませんので、とりあえず、Windowsの場合のhostsがある場所は、

WindowsXP C:\WINDOWS\system32\drivers\etc
Windows2000 C:\WINNT\system32\drivers\etc
Windows95/98/ME C:\Windows
拡張子はなく、メモ帳などで簡単に修正できる。

php.iniを編集する

ソースは失念。たしか英語圏で探していた時に見つけた方法。
ただし、翻訳サイトを使用してヘンな日本語になったものを参考にしたので、確実な解決策という保証はありませんが、自分の場合はこれで解決したということで記します。

これは、php.iniを修正できる場合の方だけの解決方法です。レンタルサーバーなどで、php.iniの修正ができない場合は、レンタル元などへお願いして修正してもらうなどの方法をとってみてください。

やり方は簡単、php.iniで、;extension=php_curl.dllとコメントアウトされていたら、;を取ってしまうだけ。

実際の所、php_curl.dllが何をするのか知りませんが、これで、自分の場合は、WordPressで予約投稿に失敗というエラーがなくなりました。

総括

ということで、どれを試すにしても時間はかかりませんので、今現在、WordPressで予約投稿の失敗というエラーに悩まれている人は是非とも試してみてください。
といっても、アドバイスできるほどのスキルはありませんので、修正は自己責任で、バックアップを取ってから行ってください。
まぁどれもちょっとした修正なので、不具合が起きてもすぐに元に戻せると思います。

»参考記事

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事