雑が喰おう

医療費はタイミングで7万円の差額が出てくる


医療の値段―診療報酬と政治

同じ病院で同じ治療を受けてもタイミングで値段が違ってくるのだという。
例えば、盲で入院することになった場合、入院した日によって後日お金が戻ってくるのだ。
月収56万円以下で健康保険加入者は、食事や差額ベッド代を除く医療費が7万2300円を越えた場合、高額療養費給付制度(ある一定額を越えた場合払い戻しをする制度)があるのだが、これのを使うと、後日一定額を越えた療養費が払い戻されお得になる。
しかし、この高額療養費給付制度は一月にかかった医療費に対してのみ適用される。
つまり、一月中に全ての治療が完了した場合は、医療費全額が制度の対象となるが、月をまたいで治療が完了した場合、一定額に達していないと制度が適用されず払い戻しがない場合もありえるのだ。
これは、支払う額がいろいろ違っても、ひと月内と月またぎでは、最大およそ7万円差額が生じる。
なぜこんなことが起こるのかというと、病院側が健康保険組合などに請求を月ごとに送るために生じる矛盾なのだという。しかも、お金が戻ってくるかどうかは誰も教えてくれない為このことを知らないと損をしてしまう。
そこで、先に手術など入院が必要なことが解っている場合は月をまたがないように治療を受けるのが懸命と言える。緊急の場合は別ですが…。

参考
  ⇒医療の値段―診療報酬と政治
  ⇒知っておきたい「病気の値段」のカラクリ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事