雑が喰おう

ドッグフードとキャットフードの違い

を飼っていない人にとってはドッグフードキャットフードの違いは解らないでしょう。
犬や猫、どちらも飼っている人でも一度封を開け出してしまうと見慣れていなければ見間違うかもしれません。
それほど、ドッグフードもキャットフードも違いが解りません。
本当にドッグフードとキャットフードは違うものなのでしょうか。

といっても、当然ドッグフードとキャットフードは違います。
まずキャットフードはドッグフードと比べると栄養面では脂肪タンパク質などが多く含まれています。
これは猫が山岳地帯で単独で生活していた事に由来しているようです。
また、キャットフードにはタウリンというアミノ成分が含まれていて猫の目には必要不可欠な栄養素なのだそうです。

人間でも栄養ドリンクで摂取することがありますが、常用的にタウリンが入っているキャットフードを食べているのです。
その為、猫にドッグフードを常用的に与えていると猫は栄養失調になってしまいます。

逆に、犬にキャットフードを与え続けると栄養過多になり、尿毒症生活習慣病などになり早死にしてしまいます。
ただでさえ、人間の食べ物を与える人が多くなり、栄養過多になっているペットが多いそうですから気をつけましょう。
なので、猫にはやはりキャットフード、犬にはドッグフードを与えるようにしたほうがいいでしょう。
もちろん、買い忘れたなどという理由で、一時的に与える事は問題ありませんが常用させるのは大変危険です。

また、犬に与えてはいけないタマネギなどが含まれていないかちゃんと確認してから与えてください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事