雑が喰おう

意外と知らないまな板の使い方

普段何気なく使っているまな板ですが、使い方を間違えると食中毒原因になることもあるそうです。
そんな今さら聞けない、まな板の使い方をおさらいしてみましょう。

まず、乾いたまな板でニンジンタマネギを切らない。
ニンジンやタマネギを乾いたまな板で切ると、染み込んだ色やにおいがなかなか落ちなくなります。
予防には、まな板を濡らして使用する事。
まな板を濡らしておくことで、表面に薄い水の膜をつくり、汚れやにおいを染み込みにくくなります。

まな板を熱湯消毒する時には、いきなり熱湯をかけないこと。
まな板に残った、などのタンパク質が熱で固まってしまいます。
まな板の表面には意外と細かい傷があり、入り込んだ食物のカスが固まると、なかなか洗い落とせませんし、細菌のすみかにもなります。
水で汚れを洗い流し、その後洗剤を使い、側面もしっかり洗います。
最後に熱湯をかけるといいです。

まな板の保存には縦に立て、風通しのよい場所に置いておくのがベストです。
また、月に1度は漂白剤を使って消毒することで、清潔に保てます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事