雑が喰おう

雷の事を稲妻という理由

の別名として稲妻ということがあります。
中には、鳴っているものを雷、空から地上に向かっているものを稲妻という人もいるようですが、それは雷光稲光が正しいのでは?と思います。
ところで、なぜ“稲の妻”と書いて雷を表しているのでしょうか。

なんでも古代、日本人は雷がなるのは稲穂が実る時期に多かったので、雷が稲に実をつけていると考えていたそうです。
そのため、稲を妻、雷光を夫とみなして、稲妻というようになったそうです。

因みに、稲妻を、いなずまと現在は言いますが、表記法で改変される前はいなづまと表記していました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事