雑が喰おう

なぜ刑事のことをデカというのか


人名用漢字の戦後史
大修館書店 円満字二郎氏によると、本来、刑事をデカと呼んだというよりも、言葉としてはデカの方が先なのだという。
明治時代の私服警官は角袖と呼ばれる和服を着ており角袖巡査と呼ばれていたんだとか。
角袖とは袖口が角状の角ばっている和服のことで、当時の犯罪者たちは隠語で「カクソデ」と呼んでおり、それがひっくり返されて「クソデカ」。更にクソをとって「デカ」と呼ばれるようになったと言われているんだとか。
更に、刑事という名称が公的に登場したのが1908年(明治41年)のことなので言葉的にはデカのほうが先になる。

参考
  ⇒人名用漢字の戦後史

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: ,