雑が喰おう

死装束の額にある三角のやつってなぁに?

死装束と言えば白い装束で、額に三角のやつをつけています。
また、そこからなのでしょうが、一昔前の幽霊といえば、死装束でした。
しかし、最近は特殊メイクやCG技術の向上のせいか、幽霊番組でも死装束よりもグロい感じで、どちらかといえばゾンビのような幽霊ばかりです。

話がそれてしまいましたが、死装束で額につける三角のやつは一体なんなのでしょうか。

実は

白い三角布の名称は、天冠(てんかん・てんがん)

というそうです。
地域によっては、頭巾額烏帽髪隠しというところもあるそうです。

因みに、死装束のそれぞれの名称は、白い着物は経帷子(きょうかたびら)。
手は手甲、脚は脚絆(きゃはん)。
頭は頭陀袋(ずだぶくろ)で、中には三途の川の渡り賃である六文銭が入っています。
さらに網笠をかぶり、草履を履き、利き腕には杖を持ちます。

で、それらは用途は解るのですが、天冠の用途は一体何かというと、
閻魔大王に失礼ならないように冠をつけて正装をしなければいけない。
死者が地獄のタタリから逃れるため。
身分の高さを冠で表現した。
などと、いろいろ諸説あるそうです。

その、天冠ですが、三角布だけでなく、お雛様の冠、能で出てくる高貴な人の装束の冠も天冠と言いますが、同じ物なのだとか。
死装束の三角布自体が、死者を高貴な身なりで送り出すというのに繋がっているのでしょう。

また、仏教徒で仏式の葬儀の場合に死装束を身につけるのかというと、そうでもないようです。
神道の場合も、仏式が一般的だった歴史の中でなごりとして仏式に似た箇所もあり、明治時代まで神道の葬儀が認められていなかったということに関係しているのではないかと言われています。
逆に、仏教でも浄土真宗の場合は、死者は49日またずして極楽浄土へ行けるというものですので、死装束は必要ないようです。
地域によっては、死者だけでなく、遺族も死装束を着用して葬儀を行う地域がありますが、これは以前ご紹介した、喪服が黒となったのがごく最近のこと*1というものに由来しているようで、喪服が白だった事の方が長いので習慣として残っているそうです。

以上のことから、昔の幽霊は浄土真宗以外の仏教徒が多かったものが、宗教離れ?から死装束でない幽霊へ。
そして、幽霊までもが、西洋式のゾンビのようなものばかりが再現ドラマで使われているんだなぁと考えてしまいます。

»脚注

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事