雑が喰おう

秋刀魚の語源

秋刀魚と言えば字からも解るような語源が想像出来ますが、実は、この秋刀という字は大正時代になってからつけられた漢字であり、語源も違うようです。
実は、さんまの語源には有名なのが二つあり、どちらが正しいのかは解らないそうです。

一つは、さんまが数十万という大群で泳ぐということから、もともと大群の魚を表現していた『沢』と、魚を『ま』と読んでいた物が合わさり、『さわま』と呼ばれ、それが転訛して『さんま』となったというもの。
もう一つは、細い魚という意味の『狭真魚』が転訛してさんまとなったというもの。

そして、先に述べたように、大正時代まではさんまは漢字で秋刀魚ではなく、青串魚とかいてさんまと呼んでいたそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事