雑が喰おう

自動販売機に投入しても返ってくる硬貨の共通点

自販機で飲み物を購入してようと硬化を投入したにもかかわらず、何度も落ちてくるという経験をしたという人は結構いるのではないでしょうか。
例えば10円玉を投入したにもかかわらず何度も返却され、許容数の限界に達したのかと諦めて、ジュース代ちゃんとあるのに50円玉や100円玉などを使っておつりを貰ってしまうということもあります。
かと思えば、別の10円玉を投入してみるとすんなり認識され、ちゃんと買えたりします。
この硬化の許容数に余裕があるのに返ってくる硬貨は一体なんなのでしょうか?もしかして偽硬貨なのでしょうか。

実は自販機で返却されてしまう硬貨にはある共通点があるそうです。
それは、曲がった硬貨、摩耗して削れている硬貨、ガムなどの付着物のついた硬貨などが認識されずに返却されてしまいます。
他にも、通称ギザ10と言われる、硬貨の側面にギザギザの切り込みのはいった10円硬貨。

これは偽造硬貨使用防止するため検知機能が自販機に内蔵されているからです。
検知機能の精度が向上したため、一見なんの問題もなさそうな硬貨でも認識されずに、すぐに返却されてしまうのです。

因みに、自販機がチェックしている内容は、厚さ、大きさ、材質、重さの順にチェックし、一つでも満たさない硬貨は返却されるようになっています。
その為に、古い硬貨の場合、摩耗したり、付着物がついていたりする硬貨が多く、自販機で認識されずに返却される割合が高くなってしまいます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事