雑が喰おう

石けんを長持ちさせる方法

お風呂や手洗いの際に、ボディーソープハンドソープではなく、固形石けんを使用されている方の中で、使用した石けんがヌルっとした感じになるのがイヤな人もいるのではないでしょうか。
中にはそれが原因で、ボディーソープやハンドソープに乗り換えた人もいるかもしれません。
そんな石けんのヌルっとした感じを抑えることで、石けんの減りを若干減らすことができ、長持ちすることに繋がります。

そもそも、石けんのあのヌルっとした感じになってしまうのは、石けんを濡れたままにしていたために、石けんが溶け出たものによるものです。
そのため、乾いたタオルやスポンジの上に石けんを置くように心がけることで、石けんに残った余分な水分を吸収し、乾いた状態を保つことができ、ヌルっとした感じを感じることもなく長持ちにも繋がります。

もっとも、お風呂で使用する石けんの場合は、お風呂場に石けんを常設するのではなく、毎回持って出るとより乾燥させることができるでしょう。
他にも、シャンプーリンスなどの容器も毎回お風呂に持ってはいるようにし、常設しないようにすると、容器がお風呂場の湿気によりカビてしまうという心配もなくなります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事