雑が喰おう

ボケナスという名のナスがある


所さんの目がテン! (食べ物の不思議編)
ぼーとしている人のことをボケナスと言ったりするが、本当にボケナスという名のナスがあるのだという。
そのナスは普通のナスより薄い色でボケて見えるので、ボケナスというんだとか。
なぜ、ボケたように薄い色になるのかというと、葉の下になり、日陰になったりしたときなどにボケやすいのだとか。
そこで、大抵のナス農家ではV字仕立てと言われる農法でナスを育てるのだという。V字仕立てとは呼んで字の如く、Vの字のようにナスをならせ、日光がよくあたるように育てる方法のこと。
つまり、ボケナスといっても品種の名前というわけではなく、単に色が濃くついていないだけのナスなのだ。

参考
  ⇒所さんの目がテン! (食べ物の不思議編)

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事
タグ: , ,