雑が喰おう

斬捨て御免はそうそうあるもんじゃかった

時代劇を見ているとたまに、「斬捨て御免」といい、武士がいきなり抜刀し、そのまま相手を斬り殺すシーンがあったりします。
これは、江戸時代に許された武士の特権みたいなもので、武士が武士の面目を潰されたなどという時に、相手を斬り殺すことが許されていたというものです。

しかし、抜刀したにもかかわらず、相手に逃げられてしまったなど、失敗し刀が血を吸うことがなければ、逆に抜刀した武士は、切腹しなければなりませんでした。
そのため、よっぽどの事がない限りは斬捨て御免と抜刀することはなかったようで、町民村民など一般人が簡単に武士に斬りつけられるということはなかったようです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事