雑が喰おう

インドネシアとモナコの国旗は同じ?

あまりなじみがなく、気づかなかったのですが、ぱっと見て、インドネシアモナコ国旗は同じ物に見えます。
しかし、インドネシアと言えば、東南アジア南部の国家であり、モナコと言えば、西ヨーロッパの国家です。
遠く離れた場所にある国家同士ですので、たまたま国旗が同じデザインになってしまったのでしょうか。

そもそも、インドネシアとモナコの国旗のデザインですが、どちらも横長で、上下2色になっています。
上半分がちょっと落ち着いた赤で、下半分が白。
ぱっと見ただけでは、形もデザインも同じように見えます。
しかし、実際の所は、インドネシアの国旗の方が、微妙に縦が長いんだとか。

インドネシアではこの国旗を13世紀から使っており、一方モナコの国旗は1339年から王家の旗として使っています。
国旗と決まった時期は、モナコの方が早く1881年で、インドネシアはオランダから独立した1945年。
モナコがインドネシアに「デザインを変えてくれ」と文句をつけたこともあるそうですが、インドネシアは拒否したまま現在に至っています。
また、通常は、インドネシアの国旗が若干縦長ですが、国旗のデザインが国連基準の2:3の縦横比になるとモナコの国旗と同様になってしまいます。
さらに、上下を逆にするとポーランドの国旗と同様にります。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事