雑が喰おう

人一倍が1倍ではなく2倍という意味である理由

よく話の中で、「人一倍働け」などということがあります。
昔から、倍にしても、1×1=1だよ、1×2=2なのだから「人二倍働け」が正しいのに……。なんて思っていました。
しかしそれは、ただ単に2倍の2を略して言っているだけなのかとも思い、そのまま気にすることが無くなってきました。
しかし、実は、2倍と言わず、倍と言っても2倍という意味として通用するのには理由があったのです。

話は江戸時代にまでさかのぼります。
江戸時代では、1倍は2倍、2倍は3倍というふうに、数字+1倍という考えで利用されていたのだそうです。
それが、明治時代になると、西洋数字日本にも入ってきて、現代の層倍になったそうです。
その為に、昔から表現されていたような、人一倍というのは、今で言う2倍であり、間違ってはいないのですが、表現がそのまま今でも残っているのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事