雑が喰おう

太陽と月の時間は違う場所をみて求めている

天気予報などを見ていると、日の入り日の出時刻も教えてくれます。
いったいどうなれば日の入りで、どうなれば日の出なのかというと、太陽の一番上の天辺部分が地平線にかかった時点がその時刻になるのだそうです。 つまり、日の入りは太陽が完全に沈んだら日の入りであり、日の出は太陽の頭が出てきたら日の出の時刻になるのです。
しかし、の入り時間と出時間は天辺部分が地平線にかかった時というわけではありません。

なぜならば、月には満ち欠けがあるため、なんだとか。
その為、月の入り、出時間は、月の中心部分が地平線にかかった時点がその時刻になります。
しかし、月には満ち欠けがあるのだから、その中心は解らないじゃないかというと、そうでもなく、三日月など極端に欠けている月の場合は、その端から端までの直線がちょうど月の中心部分を通る直線になるそうで、そこから中心部分を求めるのだそうです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

»関連してそうな記事